So-net無料ブログ作成
検索選択

マサユメくん15 予言日記の真相 [マサユメくん]

「はぁ~スッキリした。ところでお前、さっき天下人になるとか何とか言ってたな。」



ピキン!

「そうじゃ。わちはそちにマサニネ様について聞きたい事があるのじゃ!よいか?」

「いいぜ、じゃんけんのお礼だ。」



あのマサユメが真剣に話し出す

「ご先祖様は、ある月夜の晩に光を見たとおっしゃっていたそうな…。まさかと思うが、おぬしの事ではあるまいか?」


「光ねぇ~。」

チラッ


「って、オマエ今俺の頭見ただろ!」

「むほっ!」

サッと素早く、右足のポケットからニット帽を出して被る坊主くん



ゴホン

「光は…(頭ではないっ)俺の船だ…。」

「まことか!」

どっちでもよかったようだ

「なら、もう一つよいか?
これはご先祖様の日記なのじゃが、この内容は本当か?」

肌身離さず持ってたのね…

マサユメが予言書を手渡すと、坊主くんは丸い手でめくり始めた

「どれどれ。んーと…」

紙が手に吸い付くように、軽快に次々とページがめくられていく

読むスピードは相当早い

が、

なぜか坊主くんの表情が徐々に曇り始める

「…。(なんだこれ?あのヤロー。)ん?」

「どうなのじゃ?この光がおぬしなら、本当なのじゃろ?」

一ミリも疑う余地のない、真っ直ぐな笑顔のマサユメがそこにいた


「げっ…。そ、そうだな…。(参ったなぁ。これ俺がやったのにアイツがやったことになってるじゃん。)」

「どうなのじゃ?どうなのじゃ?」


「うん…。(そう言えば俺、マサニネが天下人になったら帰るって言ってたからな。こんな日記が残ったら、そりゃ信じるわな。うわっ、こいつ自分のことを鬼神とか書いてるし。まぁいいや、マサニネはいないし、ネタバレとするか。)」

そう、
代々受け継がれていた予言書は、偽物だったのだ

しかし…


「んー?んー?」

坊主くんの目に映るマサユメの瞳がまぶしすぎた

「…。(い、言えない…。)」



困った様子の坊主くんだが、結局…

「うーん、まぁ本当だな。」

「むほーーーっ!やったぁー!天下人~天下人~!」

それは、丁度日の出を迎えた時であった

まるで本当に天下を取ったかのように喜ぶマサユメ

その推しに負けたのか?

いや、どうやらそうではないらしい



「(ピョイっと来て終わると思ったんだがなー。どうやら天下人もいないみたいだし。もう一度やるしかないか。
でも、言うタイミング逃しちゃったし…、どうやって…)」

「ならわちも、ご先祖様のように強うなれるかのう?」


「は?あ、あぁもちろんだ!」

ブーイ

「ぷっ(だからそれはグーじゃ!まぁよいか)やったぁ!」

「(やべっ。つい勢いでやっちまった)う~ん、でもなぁ、お前じゃんけん弱いからなぁ。」

「そ、それは…。(わち、わざと負けたのちょっと後悔…)」

「ま、大丈夫だろ。」

「むほっ!(よかったぁ)」



こうして無事?奇妙なコンビが結成された

マサユメくんを1話から読む
前の話← →次の話
Sponsored Links



(^o^)♪「一日一膳…じゃなくて、一日1クリック応援お願いします!」
(>o<")「めんどくせーよ!」

小説ブログ村

小説ブログR

(^-^)v「ふうは単純なので励みになるみたいだよ?他の小説も読めるしね♪」

(>o<")「運気が上がるなら…押すわ!」


(^w^)「ふう作品一覧と、あらすじですよー♪」

闇の輝き(完結)第1話はこちらから

☆あらすじ☆

ある日、14才の天才コロシアム剣士マウアは、同い年の不思議な少女と出会う。

少女は、生まれながらに世界を救う運命を背負っていた。

自分の命と引き換えに…。

そんな少女が覚悟の表情で、あなたの命を頂けないか?と、マウアに問う。

しかし、少女に選ばれた者も世界を救うと同時に死ぬ事を意味していた。

なぜ自分が選ばれたのか?
自問自答する中、マウアには1つの心当たりがあった。

それは、マウア自身も知らない戦いの記憶だった。


世界を救う少女と知らない戦いの記憶。

この2つが重なりあった時、新たな物語が動き始める。



no name (連載中)第1話はこちらから

☆あらすじ☆

音楽出会い、音楽で触れあい、音楽で心を通わせる友情・恋愛物語。

奈緒(ナオ)が初めて新(ネオ)を見たのは、駅前でネオが行っていた路上ライブだった。それを見ていたナオに対してネオは、

「聞かなくていいから、あっち行けよ。」
と言う。

偶然再会した後も、

「no nameってネオのバンドでしょ?」

「俺はバンドに入ったつもりはない。だから名無し。」

と、相変わらずの態度だった。


自ら孤独を選ぶミュージシャンのネオ

そんな彼がなぜか気になるナオ


「ネオなんて、ほんと最低!」

でも…どうして…??


ネオの過去に一体何が?そして、その結末は…。



恋愛偏差値50未満(連載中)第1話はこちらから

☆あらすじ☆

恋愛偏差値

それは、愛の木学園内でのステータスである。
成績優秀者の卒業後は、社会的に華々しい未来が待っている。

つまりは人気や魅力を表しており、各分野での活躍が確定できるという訳だ。

偏差値の上げ方に決まりはない。

芸能、金銭、容姿、運動能力。
何でもいい。

何が恋愛偏差値を上げるのか?
また、何が偏差値を下げるのか?

偏差値ランキングは、1ヶ月に1回貼り出される。

全て平凡な主人公、佐藤 太郎に待つ運命とは…。



恋愛偏差値クロスロード(連載中)第1話はこちらから


☆あらすじ☆

佐藤 太郎主人公、恋愛偏差値50未満のクロスストーリー。


愛の木学園?恋愛を偏差値化?完全に騙された…。
人生をやり直したいって薦められた高校がここ?


私には、意味がわからない。


太郎の同学年に、一つ年上の川根 桃色(かわねももいろ)も愛の木学園へ入学していた。

恋愛偏差値に全く興味のない桃色だが、太郎とは違う意味で恋愛偏差値を上げる決心をする。

自分の人生を、生き抜く為に…。




マサユメくん(連載中)第1話はこちらから

☆あらすじ☆


戦国時代を舞台にした、くだらなすぎて笑えるかもしれないギャグストーリー♪


優しくて涙もろい、イタズラ好きだが笑いをこよなく愛する主人公のマサユメ


「ご先祖様の夢はわちが叶えるのじゃ~!!」


だが、ある日出会ったメッチャ強い宇宙人がマサユメの運命を変える。

宇宙人の目的とは?
果たして、マサユメは希代の天下人となれるのか?

Sponsored Links


(^o^)「目標は、ブログ毎日更新なんだって!」
(>o<")「嘘つけー!」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。