So-net無料ブログ作成
検索選択

ようやく準決勝リズムリミッター対決開幕です。 [ブログ]

更新履歴

小説家になろうサイトで連載中!

夏の甲子園県予選準決勝第二試合開幕。


西島高校の作戦は、リズムリミッター幸崎との真っ向勝負だった。

1年前の事故からの再戦に燃える白城と幸崎。

第一試合を制した最強名京高校が見つめる中、幸崎のリズムリミットが初回から発動した。
リミット131話はこちらから


Sponsored Links




やっと…やっと閃きがあったようで、一ページ書けました。

やっぱり面白くするなら真っ向勝負でしょ!リミット発動?そんなの関係ねぇ!


が、いいかなぁ…って。


今までは、わりとリミットなんて発動されたら負けちゃうじゃん!?だったのですが、この川石高校幸崎は別ですよね。


リミット発動させないのが正々堂々ではない訳ではありませんが、やっぱり作者ふうの中では幸崎の存在的に真っ向勝負だなと思いました。


で、最近ダブルリミットとか訳わからないすんごい力とかで無理矢理話を進めてますけど、今回ご用意させていただいた人物は、新田君でございます。


またポジションがショートというのがイヤらしい笑


絶対伏線だろ!ってね。


ま、それは誤魔化しておいて、えーと新田君。

彼もリミットを発動するのですが、今回の野球あるあるは、これ…ありすぎじゃん!?と思っています。


暴露好きのふうなので、今回ここでは言わないようにします。


って言ってて、読者さんが何だよこれ?みたいな感じになるんですよね…。

しょぼ…無駄に引っ張るなよ!みたいな。



…ガンバレ!新田!!



だけどこれ、第一試合より短くなるんじゃないの?とかも思ってますが、そん時はお許しください。

なんだろう。リズムリミット対西島高校は書いておかなきゃな!って思っての準決勝なので、そんな気もするんです。


とか言ってて、決勝も短いんじゃないの?に、なりそうですけど…。


だけどここまで長かった…。


冒頭の決勝のシーンまで、後もう少しですね。


でも、最近は目標なくマイペースに書いてますので、気持ちはスゴく楽です。


な~んて書くと、早く続き書けや!って怒られちゃいますね。


でも、そう思ってくれる方がいたなら、幸せに思います。


ではでは、誤字・脱字がありましたら教えて頂けるとありがたいです。


(о´∀`о)ふうでしたぁ。

小説ブログ村

小説ブログR

Sponsored Links

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。