So-net無料ブログ作成
検索選択

リミット101話更新…なんですけどね。 [ブログ]

更新履歴

小説家になろうサイトで連載中!

夏の甲子園県予選の三回戦。

西島高校は、第二シードの愛報高校と激突中。


愛報高校バッテリーが投げる加速するストレートを打った要と仟に対して、キャッチャー愛理の考えた策は、バッテリーの限界をさらに超える球だった。

リミット101話


Sponsored Links




いよいよ終盤戦になりました三回戦。

大体シナリオは出来ていたのですが、まさか1話の防御率0.00に苦しめられるとは…。


書いた時は、これぐらいインパクトがあった方が面白いよね?なんて納得しながら、ここまではピッチャーの一奥は九回に点を取られないように書いてきました。


や、やってしまったのか!?


と言いますのは、読んでくれてる方はわかると思いますが、この愛報高校の愛理は三振と満塁ホームランを繰り返すリバースリミッターなんですよね。


誰がそうしたんだ!…ふうのアホが勢いでそうしました…。


で、やっぱり完全決着したいじゃないですか?


そこで色々調整していたのですが、どーーーーしても噛み合わないんですよ…。


よし、こうなったら延長戦で逃げるか!とも考えましたが、終盤と思うと梯高校戦とは少し違う…。


愛理が満塁ホームランを打って、再びリバースリミッターになってから白城との最終決戦を書きたい。


だけど、九回の一奥の防御率は0.00。打たれる訳にはいかない。


でも、愛理がリバースリミットの発動条件である状態で、一奥に勝たせてもみたい。

三振した次の打席の愛理を抑えてみたい!


でもでも、一奥が勝つと愛理はリバースリミットを守りで発揮できない設定。白城との勝負がショボくなる…。


参った…まいったなぁ…。


都合よく変えるか…。


やっぱり延長かなぁ…。それかあの1話の台詞を…変えたくないなぁ…。


あ!ブログ書いてて良いことを思い付いた笑


野球の神様にお願いしよう!!


なんだそれ?爆笑



ではでは、また変な所がありましたら、教えて頂けるとありがたいです。


(о´∀`о)ふうでしたぁ。

Sponsored Links

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。